一般診療

青年性扁平疣贅(平らなイボ)の治療

青年性扁平疣贅(平らなイボ)の治療

若い人の顔を中心に生じる青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)という平らなイボがあります。
ウィルスが原因で、難治であることが多い病気です。

当院ではDPCPという物質による免疫治療を行っています。
DPCPという物質を塗り、軽いカブレを起こさせて免疫の力を借りてイボを治す治療になります。

患者さんの許可を得て写真を掲載しています。

治療前

青年性扁平疣贅の治療前
治療前。頬に平らなイボが多発しています。

5回治療後

青年性扁平疣贅の治療後
5回治療後。イボは消失し、綺麗になりました。

この治療のいいところは、跡を残さないところ。
標準的に行われる液体窒素を使用した治療は炎症後色素沈着を起こして茶色い跡がしばらく残ることが多いのです。

青年性扁平疣贅でお困りの方、いつでもご相談くださいね。

短期集中肌質改善プログラムのご案内
ZOSKINHEALTHセラピューティックプログラムのご案内

しむら皮膚科クリニックではゼオスキンヘルスの研修を受け、自身もセラピューティックプログラムを体験した経験豊富なスタッフが多数在籍。
ゼオスキンヘルスのご購入・ご相談はぜひ、しむら皮膚科クリニックにお任せください。

こんなお悩みに!

  • シミ・しわ
  • くすみ・色ムラ
  • たるみ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 慢性的な乾燥
  • 敏感肌・過敏症

POSTED COMMENT

  1. トモ より:

    50代なのですが、扁平疣贅で悩んでいます。
    次から次へと増えていき、レーザーや液体窒素も受けましたが、真っ赤、真っ黒がつづきます。。
    DPCPの療法は、通うとしたら月に一回くらいでしょうか?リアクションはどんな感じですか?
    教えて頂きたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA