手術(腫瘍切除)

目尻のほくろの手術

目尻のほくろの手術

今日は目尻のほくろの手術の経過の紹介です。

直径6ミリのほくろの手術前

直径6ミリのほくろです。
局所麻酔した後、6ミリパンチで丸くくり抜いて、ナイロン糸でゆるく寄せる手術を行いました。

5日目に抜糸した直後

5日目に抜糸した直後

皮膚はまだはっていません。この後、1週間くらいで皮膚がはります。

術後1ヶ月

術後1ヶ月

赤みが一番強い時期です。

術後1年

術後1年

フラッシュが反射して少し白く見えますが、遠目からみるとですとほとんどわからないレベルです。

治療回数1回、通院3回(初診/手術時、術後1週間、1ヶ月後)
治療にかかった費用:8050円(3割負担)

このようにくり抜き手術で行うと元のほくろよりだいぶ小さな傷で仕上げられます。
顔のほくろはは、やっぱり、くり抜き手術だなあと思った症例でした。

感染
細菌による炎症

血腫
術後、皮膚の下に出血が起こり血液が貯留する

出血
術後にやや多い出血を起こす

内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。

瘢痕
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。

肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法があります。

短期集中肌質改善プログラムのご案内
ZOSKINHEALTHセラピューティックプログラムのご案内

しむら皮膚科クリニックではゼオスキンヘルスの研修を受け、自身もセラピューティックプログラムを体験した経験豊富なスタッフが多数在籍。
ゼオスキンヘルスのご購入・ご相談はぜひ、しむら皮膚科クリニックにお任せください。

こんなお悩みに!

  • シミ・しわ
  • くすみ・色ムラ
  • たるみ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 慢性的な乾燥
  • 敏感肌・過敏症

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA