手術(腫瘍切除)

刺し爪の治療

刺し爪の治療

今日はいわゆる刺し爪についてです。
刺し爪は爪の後ろ側がはがれて皮膚に刺さることによって爪の根元が腫れたり、肉芽(にくげ)が盛り上がってきてしまう病気のことです。正式な病名がない病気です。

原因は爪が刺さっていることなので、刺さっている爪を取り除かないとなかなか治りません。

治療の経過をお見せします。少しグロいです(・_・;)

手術前

後爪郭爪刺し (1)

術前。半年以上経過しているとのことでした。
当院だと即手術です。

一週間後

後爪郭爪刺し (2)

爪の後ろ側を除去して一週間後

1ヶ月後

後爪郭爪刺し (3)

半年後

後爪郭爪刺し (4)

綺麗になおりました。

爪の根元が腫れている人に漫然と抗生剤を投与されているだけの人がたまに受診しますが、あんまり知られていない病気なのでしょうがないかと思っています。

短期集中肌質改善プログラムのご案内
ZOSKINHEALTHセラピューティックプログラムのご案内

しむら皮膚科クリニックではゼオスキンヘルスの研修を受け、自身もセラピューティックプログラムを体験した経験豊富なスタッフが多数在籍。
ゼオスキンヘルスのご購入・ご相談はぜひ、しむら皮膚科クリニックにお任せください。

こんなお悩みに!

  • シミ・しわ
  • くすみ・色ムラ
  • たるみ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 慢性的な乾燥
  • 敏感肌・過敏症

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA